ウィークリーマンションを横浜で探すために知っておくこと

皆さんは横浜に住んでみたいと思ったことはありませんか。横浜で暮らすことは東京23区に比べ土地代も安く、人工も集中していないというメリットがあります。そして交通の便もいいので、首都圏への通勤も苦なく行くことができます。住みたい地域のランキングに常に上位にある横浜ですから憧れる人は多くいると思いますが、いきなり暮らすのには迷うという人もいますよね。また、長期というほどではないもののある程度の期間出張が決まっている場合、ホテルという選択肢もありますが、期間によっては自分で自炊したいからなどといった理由でホテル暮らしは嫌だと思う人もいるのではないでしょうか。そんな方々にはウィークリーマンションがおすすめです。ウィークリーマンションとは短期賃貸マンションのことをいいます。今回は横浜でウィークリーマンションを使うメリットを教えます。

横浜で気に入ったウィークリーマンションを探すにはどうしたらいいか。

ウィークリーマンションとは最低7日間から契約できる家具・家電付の賃貸です。ウィークリーマンションを使うメリットはずばり「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」「電子レンジ」「炊飯器」「掃除機」といった生活に必要な家電のほとんどが用意されているため、入居後すぐに新しい生活をスタートすることができることです。短期の滞在にはぴったりです。また、ホテルと違いベッドメイキングや外出時にフロントに鍵を預けるなどの手間もなくなりますし、自炊が可能になります。また、契約の手続きも通常の賃貸契約よりもシンプルなため、気軽にお手続きすることができます。横浜での生活に興味のある方、横浜での出張が決まっているもののホテル暮らしは気が進まないという人はぜひ一度ウィークリーマンションを利用してみてはいかがでしょうか。ウィークリーマンションを利用して横浜での生活をエンジョイしましょう。

横浜でウィークリーマンションを借りる際に気を付けるべくと。

ウィークリーマンションはとても魅力的ですが、注意点もあります。ウィークリーマンションは同じ名称でも、旅館業に従って運営されている形態と、不動産業に従って運営されている形態があります。前者は旅館業に従っているので、一泊からでも利用が可能なものであり、後者は家を契約するのと同じように事前申込や審査等が必要です。現時点ではどちらかを明確な判断基準がないため、注意が必要です。また、利用する会社によって支払い方法、解約規定が違います。 多くのウィークリーマンションは所有会社や運営会社が貸主となり、利用者との間で直接に契約を結ぶため、重要事項説明はされないことが少なくないです。そのため、気軽に借りられる反面で、トラブルも少なくありません。疑問点は契約前にしっかり確認して、横浜での暮らしを楽しみたいですね。

ウィークリー契約の場合、一部例外的な契約を除き、1泊賃料単価×宿泊日数で総額料金となります。(光熱費など全て込み) 一か月未満のご利用はウィークリー、一か月以上のご契約はマンスリーと、ご契約日数とお部屋のタイプに応じたご利用プランがございます。 申込書と身分証のみで保証人はいらないし、即日入居が可能となっており、光熱費込みの料金となっているので安心してご利用いただけます。 ウィークリーマンションを横浜でお探しの方へ