フェイスリフトの手術での成功例と失敗例まとめ

美容医療の分野でよく利用されているのが、フェイスリフトです。顔に変化を与えて、コンプレックスを解消してくれる効果を持っています。手術による方法だけでなく、メスを使わずにお手軽に出来る方法まで、幅広い施術方法が用意されている点にも注目しましょう。メスを使わない施術の場合だと、手術をする方法に比べて格安料金が設定されているため、予算が少ない人でも利用しやすくなっています。多くの美容整形クリニックで行われているフェイスリフトですが、基本的に外科クリニックの方が施術内容が豊富です。魅力的なフェイスリフトではあるものの、施術を受けたことによる結果は人それぞれです。成功例や失敗例が多数寄せられていますので、施術を受ける際の参考情報として確認することをおすすめします。

たるみ解消でアンチエイジング効果が絶大

成功例としては、アンチエイジング効果がはっきりとあらわれたというものが大半です。フェイスリフトはたるみ解消効果が非常に高いため、加齢とともにたるみがちな顔を引き上げ、若々しい顔立ちに変化させることができるのが主な理由です。例えば、歳を取るごとにほうれい線が目立ってくるようになりますが、ほうれい線はシワができたのではなく、頬のたるみが原因でくっきりと見える仕組みになっています。頬のたるみを引き上げることで、ほうれい線が目立ちにくくなり、つるんとした綺麗な口元を演出することができます。目尻が引き上げられるため、スッキリとした目元を手に入れることができます。額の部分を引き上げれば、額の横シワが目立たなくなります。メスを使った手術による方法なら元に戻ることが少なく、長くアンチエイジング効果が得られます。

ほとんど効果がなかったり不自然になることも

失敗例に関しては、効果がほとんど見られなかったという意見が多くなっています。効果が見られても、すぐに効果が失われて、がっかりする例も目立ちます。引き上げる力が強すぎてしまい、引きつったような表情に変わってしまったという例が存在するのも事実です。神経麻痺の発生や、手術した部分に血が溜まってしまい、その部分が壊死を起こすという報告もあります。このような失敗例を防ぐには、高度な技術を持つ医師がいる美容整形クリニックを選ぶことが重要です。確かな技術を持っていれば、理想通りの効果を得られる確率を高めてくれます。引き上げ具合を微調整する技術にも長けています。神経麻痺を回避するには、神経に関する知識が高い医師に頼りましょう。持続効果のある施術を望むなら、手術による方法を選ぶようにしてください。