フェイスリフト手術で失敗しない方法を解説します

本人もそうですが、他人からも注目される部分として、顔があります。顔は生まれた時から決まった形状をしているのではなく、年齢を重ねるごとに変化していきます。最も美しいのが20代くらいまでで、その後は加齢とともに顔のあらゆる部分がたるんできたり、シワが目立ってくるようになります。普通のやり方では顔の劣化を食い止めることができませんが、美容施術のフェイスリフトを利用することで、若々しさを手に入れることができます。顔のたるみやシワの解消に効果的なフェイスリフトではあるものの、100%安全な施術など存在しませんので、失敗のリスクについて考えなければなりません。失敗をできるだけ避けるための正しい知識を覚えることで、自分の身体を守るようにしたいところです。

美容整形クリニック選びが非常に重要

医療機関に限らず、施術を受ける際に基本中の基本となるのが、施設選びです。特に医療機関は国家資格を持つ医師がいるため、どこでも高度なフェイスリフト施術を受けられると誤解する人がいますが、医師によっても技術にかなりの差が見られることから、実力について下調べをするようにしましょう。手術でフェイスリフトを受ける場合、メスで単純に切開するだけでなく、骨や筋肉、神経に関する深い知識を持っている医師ならば、顔面麻痺などの後遺症のリスクが抑えられ、安全に手術を受けられるようになります。切開した後には傷跡が残りますが、縫合技術の高い美容整形クリニックを選ぶことによって、傷跡が非常に目立ちにくくなります。縫合が下手なところで受けてしまうと、皮膚がひきつれたり、凸凹の跡が残ってしまいがちです。

本当にその施術方法で構わないかじっくりと検討を

失敗例としてよく見られるのが、効果があまり得られなかったというものです。時間の経過とともに戻ってしまい、後悔したという意見を頻繁に見かけることがあります。しかし、フェイスリフトの効果が弱いというのは、必ずしも施術内容が悪いとはいえない場合が存在します。フェイスリフトには手術による方法と、針を使って糸や薬剤を注入する方法が用意されています。方法の選択を誤れば、希望する効果が得られなくなってしまいます。基本的に手術による効果が最も高くなっていますが、耳やこめかみ周辺を少し切除するより、頬の部分まで大きく皮膚を剥がすやり方の方が持続効果や仕上がりがよくなります。手術が怖いからといって、針だけに頼るフェイスリフトを選べば、持続効果が大幅に落ちていまい、すぐに元に戻ってしまいますので気をつけましょう。